☆ 宝物2 ☆


うまくいく教育実習HOME (http://umaik.com/)


■「みなさんに大感謝!!」


・Sさんから頂いたメールです。ありがとうございます!

私は、37歳で中学校に教育実習(英語科)に行きました。


この数年間教員採用試験の年齢制限の緩和や
社会人採用の動きから、
再度通信制の大学で教職を取り、教員への転職を
模索していました。
(採用試験は毎年年齢制限が緩和されてきていますので、
受けていますが、1次で敗退しています。勉強していないから)

介護体験実習も受け、貴重な経験となった事は事実です。

あなたのホームページで書かれているように、一部の大学生が
教職を取っているんだけれども、ヤル気が無いところがあるのは
事実でしょう。私からすると、すごく不思議なのですが。

社会人を経験していると(会社なりの組織の一員として
はたらいた経験があると)ホームページに書かれている内容は
当たり前のことばかりなのですが、一般の大学生に対する
情報としては、整っていると思います。

服装や身だしなみ、礼儀、日誌、お礼状など当たり前のことばかりです。

すべて読んでないので申し訳ないですが、
◆ホームページの見出しの項目に
生徒がいる時は、生徒(児童)と活動しようと言う事を設けてはと思います。
忙しい実習で、次の日の授業の準備や日誌の記入等よりも
生徒(児童)と活動できる時間帯は決まっているので、
生徒(児童)理解を中心に実習を行うことの重要性を項目として書いてはと思います。

私の実習した中学校は母校ではないのですが、クラブ活動で
私が、高校の時していたスポーツの同好会がその中学で
4月から発足したばかりで、指導者も毎日関われないので、毎日放課後は
練習に出ていました。
事故が起こる面で、責任がもてないので、内心不安な面もありましたが、教頭から「生徒のいる時間は生徒と関われ」と指導されたのです。

また、帰国者の生徒の日本語教室も同じ中学校内にあり、
そこの生徒とも空き時間に見学に行って話をしたりしましたよ。

では、今後ともホームページの充実を願っております。
さようなら

僕より一言>> 参考にさせていただきました☆自分では分からないホームページの感想を送ってもらえるのはうれしいですね♪




・Eさんから頂いたメールです。ありがとうございます!

HPを、すみからすみまで拝見させていただいて、
このHPにもっと早く出会いたかった…と思いました。

わたしは、来月から教育実習がはじまるのですが、
何をしたらいいのか解らずに不安が募っています。

わたしは、一度大学を卒業し、短い期間、学校図書館司書を経験させていただいてから教育の現場に入りたいと思い、通信教育で教員の免許取得に励んでいます。

そうして、来月実習となったのですが、通信ということもあり、指導案の知識も全くといって良いほどありませんし、とっても不安です。

生徒用の教科書も事前にいただいているのですが、こんなの教えられるの?なんてますます不安になっちゃったりで、情けないですが…。

まずは、子どもを観ることから。

コミュニケーションが大切で、授業なんて何とかなる!とは思い込んでみたものの、教壇で何も言えず立ち尽くす自分の姿がまざまざと頭に浮かんでくるのです。

初めてメールさせていただくのに、こんなマイナスいっぱいで申し訳ないです。
どうしたらいいのか頭がいっぱいいっぱいな状態で、すがるようにメールさせていただきました。
よろしければメールをいただけたらシアワセです。
不躾なメールになってしまって、本当に申し訳ないです。


僕より一言 >> 僕も不安はすっごい分かります。僕からのメールが役に立ててほんとうれしいです。




・Hさんから頂いたメールです。ありがとうございます!

突然のメール、失礼します。
Hと申します。

「うまくいく教育実習」を拝見させていただきました。
ホント勉強になりました。

実は今、僕は教育実習の真っ最中で、半分の2週間が過ぎたところです。
正直こんな事を(スイマセン…)している場合じゃないとは思うのですが、
指導案や観察記録、参考記録などの仕事や疲れが溜まっており、
現実逃避をしてPCに向かっておりました。

そしてふとYahoo!で「教育実習」を検索にかけてみて、
出てきたHPを拝見させていただいたのです。
何故かは解らないのですが、メールを出したい、と思い
こうして送らせていただいた次第です。

ここ数日、疲れを言い訳にして踏ん張りが利きません。
子どもたちの前でもそれが出てしまっているような気がします。
そしてなあなあに時を過ごしています。
このことは実習期間に入る前からの悪い癖なんですが…。
おそらく、何かに一生懸命取り組んで達成感などを得た経験が薄いからではないか、と自分では考えています。

この実習でそれを無くそう、自分なりに頑張っていい経験をしよう、と思って臨んだはずなんですが、いつの間にか元に戻っていました。

そのことをHPで気づかせていただきました。
本当にありがとうございます。

「頑張る」ということは、自分が弱いと本当にできません。
今の僕がまさにそうです。

でも、何かこつこつ続ければ、きっと頑張れますよね。

早速スーツにメモ帳を突っ込みたいと思います。
いつも指導教官の話はルーズリーフに書きなぐっていたので、
何が何だか解らなくなっています(笑)
あと、子どもたちのいいところ、表にしてメモしていきたいです。

もっと早くこのHPを見つけていればよかったです。
でも、今だからこそリアルに文章を読めたのかもしれません(笑)

お忙しい中こんな駄文かつ長文を読んで頂いて、
本当にありがとうございました。
だんだんと肌寒くなってきましたが、
お体にはお気をつけて頑張ってください。


僕より一言>> コツコツは最大の力であります☆はい!!僕が書いたみたいなメールでうれしくなりました☆




・Aさんから頂いたメールです。ありがとうございます!


初めてメールします。

隅から隅まで読ませていただきました!


専攻は英米語で、教育実習にとても感動した1人です。

実習をしたのは、今年の5月〜6月ですが、
まるで昨日の事のように鮮明に思い出されます。

私は、中学校で実習をさせて頂きました。
田舎の中学校なので、別に荒れてもなく、生徒達もとても純粋でかわいかったです。

私も、実習前は、とても嫌でした。
中学校を卒業したときには、先生方の素晴らしさに感動して、先生になりたいと思いましたが、高校のクラスが荒れていたため(自分もその1人ですが)、先生の夢も消えました。

大学に入ってからは、本格的に通訳になりたいと思っていたので、先生の道なんて全く考えていませんでしたが、親から、強制的に教職をとらされました。ので、授業など全く身が入らず、周りが真剣に聞いている中、私はずっと適当に聞いていました。こんなんでしたので、実習が苦痛でしょうがありませんでした。自分は実習にふさわしくないとずっと思っていました。ちなみに、HPにもあったのですが、私も金髪から、黒髪にしました。すごく嫌でしたが、今では気に入っています。

すごく共感するところがたくさんありました。
私も、教育実習の最終日に大泣きした1人です。本当に泣いてしまいますよね。
私は、実習中泣いてばかりでした(ほとんどが授業失敗の悔し涙です。嬉し涙もありました)。しかも、本当に忙しく、寝れず実習中に3回も体調を崩し、保健室で休ませていただきました。

失敗ばかりで、本当にだめだめ実習生だったと思っています。現に他の実習生の子達はきちんとできていました。体重も3kgやせました。

まさしく、「実習ダイエット」ですね!他にもたくさんお話したいことがありますが、実習の話をするとキリがないので、この辺で。

教育実習終了後、周りよりも自分が1番びっくりなのですが、先生になりたくなりました。
担当の先生の影響で、教採も受けましたが、見事に玉砕しました。当たり前ですよね。1ヶ月しか勉強できなかったので。その後、講師登録をして、今は講師として働くことができるようにと思っています。就活はしていません。でも、教頭先生に、小免がないと難しいかもと言われました。3月まで望みを捨てずに待つつもりです。

私が今、先生になりたいと思えるようになったのは、生徒達はもちろんの事、先生方に恵まれたからだと思っています。私の実習先の中学校では、嫌と思う先生は1人もみえませんでした。
先生方が仲が良く、何よりも熱心で生徒達を愛していました。私も、いつか先生方のような先生になるのが目標です。

名言集の中にあった「教育実習は教師になりたいと思えたら成功!」という言葉、すごく感動しました。本当にその通りだと思います。

というか、そうであってほしいと思います。

私は、実習最終日、担当の先生と話している時、先生になれるかどうか不安という話をしたところ、先生に「なれるかどうかじゃなくて、なりたいかどうか」と言われ、ずっしりと胸に響きました。

今でも、自信がなくなった時は、この言葉を思い出しています。

実習は、本当に大変で、本当に苦労しましたが、その分、得るものが半端じゃなく大きかったです。涙を流した分、生徒の成長がみられたと思います。

熱い気持ち、とてもよく分かります。私も、できれば実習中にHPを見たかったです!

メルマガについて、いろいろと批評されたそうですが、HPが自分のためになると思って見ている人は、私だけじゃないと思います。たくさんの人がそうだと思います。

私はもう実習は終わってしまいましたが、HPは、きっとこれから実習をおこなう後輩達の大きな力、支えになると思います。

私がそうであるように。これからも、実習の熱いHPをつくってください。応援しています。頑張って下さい!

まとまりのない長いメールを読んでくださってありがとうございました☆お仕事、頑張って下さい。介護等体験で、養護学校で過ごした忘れられない2日間を思い出しました。よろしければ、お仕事のお話をいろいろと教えて下さい。

それでは、さようなら。


僕より一言>> とっても元気の出るメールありがとうございます。ホームページを作ってよかったなぁ〜〜♪




・Mさんから頂いたメールです。ありがとうございます!

はじめまして。
今年卒業を迎える、教員志望学生の○○と申します。

私も昨年は養護学校、今年は小学校と、2度の教育実習を経験しています。
私以外に教育実習を経験された方のお話を、是非お聞きしたいと思っていたので、このHPを見つけることができ、とても嬉しく思いました。
特に【ピュアな実習日誌】には、共感したり尊敬したりで、本当に為になりました。
私も、実習日誌は一生の宝物だと思っています。

私は、今年は大学の附属小学校にて、1,2年生の複式学級で実習をさせて頂きました。
児童数は、各学年8名ずつで、全部で16名でした。
担任の先生の日頃の指導が行き届いており、保護者の方も学校教育に協力的でしたので、子ども達は本当に純粋で素直で、いい子すぎる子ども達でした。
担任の先生や大学の指導教官の手厚いサポートもあって、
この4週間で本当に多くのことを吸収できたなと思います。

メモを取ることの大切さは、私も今、痛切に感じています。

私はあまりあまり多くは書けていないのですが、メモを見ると、その時は何とも思っていなかったことでも、後で気付くことがたくさんあります。

教師である前に、社会人としてコミュニケーション能力が最も大切だということも、本当にその通りだと思います。

私は小学校の先生方から、
「子どもたちとはもちろんだけれども、指導教官とも、他の実習生とも、もっとコミュニケーションを取るようにしないといけない」
と言われました。

後悔しても仕方がないので、これからの自分に期待して、自分をもっと成長させていきたいです。

日誌も、もっと自己アピールや担任の先生とのコミュニケーションの手段として、活用しておけばよかったなと思います。

このHPの文章は、自分の経験と重ねて、とても心に残るものがありました。

先日、一緒に実習をした仲間の一人が、30倍の難関を突破して、見事、現役での小学校教員の採用通知を手にしました。
10名の採用枠で、地元の大学からの現役は彼女だけです。
彼女の人間性は申し分なく、受かったのが彼女で本当に良かったねと、みんなで喜びを分かち合いました。

私は彼女を見ていて、教師として本当にやっていくことができるのは、しんどい時に頑張れる人、自分がしんどい時に人のことを考えて行動できる人なのだと思いました。

私は、実習中で自分がしんどい時には、随分と身勝手な行動をとってしまい、多くの方にご迷惑をおかけしてしまいました。
もちろん、子ども達にも嫌な思いをさせてしまっていたと思います。
私は自分の目標として、もっと優しく、我慢強い、しんどい時こそ頑張れる人になりたいと思います。

長くなってしまって、しかも自分のことばかりですみません。
HPもまだ全部は読んでいないので、これから読ませて頂きます。
いろいろと教えてください。
今後ますますのご活躍をお祈りします。


僕より一言>> 僕の日誌が役に立つとは。ほんとうれしいメールをありがとうございます。こちらこそ色々と教えてください♪




このページを作ったらほんと温かい気持ちになりました。

メールを頂けるなんてほんとうれしいことです。

ありがとうございます☆


>>宝物3 このページを作ってって感動!!
☆宝物☆ 頂いたメールTOPページ


    【HOME】  


Copyright (c) 2004〜 tommy ,Inc. All rights reserved.