小学校体育の学習指導要領を文部科学省のホームページで学ぶ


文部科学省のホームページに、
小学校体育の学習指導要領が載っている
知らなかった〜〜〜



教育学部の大学に通って、教員免許を取ったけど、
文部科学省のホームページを見たことがなかったです。

先生になるための学校で、文部科学省のホームページの存在を教わっていない。
初めて見たけど、先生になるなら見ておいた方がいいと思いました。


僕にとっては、ちょっと書いてあることが難しいけど、
こう言ったことをきちんとできていたら、教員採用試験には
受かりやすいんじゃないかな〜


【文部科学省】現行学習指導要領・生きる力
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/syo/tai.htm


しかも、文部科学省ってYOUTUBEチャンネルまで持っていて、
動画をアップしています。




文部科学省 YOUTUBEチャンネル

こんなこともやっているなんて、知らなかった〜
先生を職業にしている人も知らないんじゃないかな〜


文部科学省と普通の学校はつながっていないんですかね。

いくつかの小学校で働いたことはあるけど、
特別な基本となる決まりがある様には感じませんでした。



学校ごとに、よく言えば特徴がある。
悪く言えば、適当。

クラスによってもまったく違う教育をしています。
ある程度の枠組みはあっても担任の先生は、好き勝手できてしまう。


先生として、子供を教育する力というのは、まったく違うものだと思います。
土日も勉強する人もいれば、最低限の業務しかこなさない人もいる。


どの先生がいいかなんて、親は選べないし、
選べたとしても、本当にいい先生がどの先生かなんて分からない。

教員採用試験はあるけど、
それで、子供を教える力がほんとうにあるのかなんて、分からない。


ある一定の最低基準は超えられる様な仕組みは、作れないものだろうか?
変な先生に当たってしまった子供はかわいそうです。

小学校の体育軽減講師をやっていた時は、2つの学校を掛け持ちしました。
学校が変わると、まったく違うことを知れたのはいい経験でした。