実習日誌の上手な使い方!!

うまくいく教育実習HOME (http://umaik.com/)


■ できる実習生は実習日誌をうまく使う

実習日誌。。。

聞いただけで憂鬱さを誘うこの言葉・・・


ほんと面倒くさいですよね。
日誌書く時間があるなら、指導案作りたいって思ってしまいます。
(だから、どんどん実習日誌の字は汚くなるんです・・・)


そんなあなたに、おいしい話が!!
実習日誌って、有効に使えば、いいものである。


(これホントの話し。僕が体験したから間違いない!!)


有効な使い方知りたくありませんか?
知りたいならこのページを見るべし!!

(ちなみに知りたくなくても見てね(笑))


● 実習日誌で自分のがんばりをさりげなく伝えよう!!

実習日誌は有効に使いましょう。
がんばりを伝える武器にしましょう!!

担当の先生が見てないところで
がんばったことを書き込んだらいいですよ!!


さりげなく、
「俺はこんなに先生の見てないところでも
がんばったんだぁ〜。


実はこんなに真面目に,、
かんがえているんだぁ〜。」


ってことを書くとよいです。


(あくまでもさりげなくね☆さ・り・げ・な・く。)



「こんな考えで子どもの指導に当たっています。」とか
「こんな想いを込めて今回の授業を作りました」とかね。

言わなきゃ分からない心の内や、
先生が見ていない休み時間のこととかは、
書きやすいと思います。



社会に出てからはアピールしないと
周りの人は自分のがんばりに気付いてくれません。

(僕はそれを実習の時に気が付きました。)

だってみなさん忙しいんですもの。
人の事をかまってる暇はない!!
なら、自己アピールをするしかない。
(これ絶対に重要ですよ。)


特に僕みたいに実力がないけど、がんばるっている人。
実力がなかなかつかない人。
がんばってる所を伝えないと先生に認めてもらえません。


だから、僕みたいなこつこつタイプな人人は、
結果だけでなく過程も見てもらうことが絶対に大事です。

一ヶ月しかないんだから結果は出しづらいと思います。


そこで、がんばりを伝えてくれるのが、
実習日誌だったり、教材つくりだったりするわけですね。
あと、職員室に遅くまで残るとか。
(考えればテクニックはいくらでも出てくる!?)


担当の先生に認められると学校での居心地のよさが全然違います。
認められてないと息苦しいですよ。

僕は二回目の実習のときそうでした。
ちょっとやる気がなくて色々考えずに行動してました。
失敗・・・慣れって怖い・・・


あなたは僕みたいにはならないで、アピールしてみてください。
やりすぎは厳禁!!
(ある程度は絶対に必要です☆)


嫌らしいテクニックを手に入れてしまいましょう。
できるやつと思われよう!!


自己アピールは大事だよ〜〜♪♪


社会に出る前に自己アピールの練習をこの機会にどうぞ!!


参考に僕の「ピュアな実習日誌」を読んでみませんか???
(ここのテクニックはあまり実感していなかったので、
意図的に使っていませんが。。。)

あと、大事な事は丁寧に書くことです!!


字が汚すぎると伝えたい事も伝わらない・・・
伝わり方も弱くなります。。。

だから、字をキレイに書いてキレイな実習日誌を作り上げましょうね☆

字が汚いから苦労した教育実習





>>HOME  【このページの一番上へ】


Copyright (c) 2005 tommy ,Inc. All rights reserved.