教育実習の最後は、ハガキやポストカードで感謝の気持ちを伝えよう

うまくいく教育実習HOME (http://umaik.com/)



教育実習の最後は、
感謝の言葉をハガキやポストカードに書いて、
子どもに届けよう。

忙しい中、大変だけど、
最後に渡すと、すごい喜ばれます。


カードは持ち帰れるから、
保護者からも評判がよくなったりもします。


実習中は難しかったとしても、終わってから、渡すのもいい。
お世話になったひとりひとりへ感謝の気持ちを届けよう。

もちろん、担当の先生にも!
校長先生にも何かかいて渡すといいですね。


きっとこういったことをやる人はほとんどいないから、
ただやるだけで、周りより一歩も二歩も先に行けます。


年賀状や暑中見舞も出せたら完璧ですね。

その習慣は、今後の人生で自分を助けてくれます。

毎年、年賀状をくれる大学の時の後輩がいるけど、
縁は切れずにつづいてます。


ハガキを書くのなんて、時間にしたら、
たった10分くらいのものです。

カフェにでも入って書いてみるだけで、
とてもいい効果があります。


板書を上手に書く方法!





>>HOME  【このページの一番上へ】


Copyright (c) 2016 tommy ,Inc. All rights reserved.