実習日誌大公開!!


うまくいく教育実習HOME (http://umaik.com/)


■ 僕のピュアな実習日誌大公開!!

僕の実習日誌を公開してます。参考になれば幸いです。
今見ると恥ずかしいです。でも、いい思い出です。
一生捨てないんだろうなぁ・・・

(注)改めて日誌を読んでみて思ったんですが僕の文は幼稚です。
担当の先生にも言われました。。。

書き方の参考にはならないかもしれません。。。(悪いお手本としてはなる!?)

そこの点をご了承ください。

あなたは僕のよりはもう少し大人っぽいと言うかしっかりしているというか・・・
そういう文章を書いてくださいね。
(二回目の実習の担当の先生には相当注意されました・・・赤線だらけ・・・)


僕の文は幼稚ですが、想いは伝わるとは思います。
僕の実習生活が垣間見れると思います。

「教育実習」というものが、どういうものなのか、
少しでも伝わるとうれしいです


↓まずはこちらを↓
実習日誌の使い方〜自分のがんばりをさりげなく伝えよう〜






【目次】

1日目(緊張・緊張・・・)

2日目(ちょっと慣れてきた!?)

3日目(初授業)

4日目(がんばれば伝わる)

5日目(研究授業につながる授業。)

6日目(講話が始まった日)

7日目(子どものいたずら)

8日目の日誌(想い)

9日目の日誌。授業を見ることは勉強になる。

10日目(早いもので残り半分)

後半戦(ちょっとは慣れてきた!?)



1日目の日誌。緊張・緊張・・・

今日から教育実習が始まった。昨日の夜から緊張していたが、

全校朝会で児童の笑顔を見ることができ落ちつくことができた。

今日は算数と図工の授業参観をした。
私にあの様な授業ができるのか不安である。

しかし、あさってには授業をさせていただくので今日から準備を始めようと思う。
児童に公平に接したつもりだったが、まだまだ話せなかった児童も居る。

明日は今日話せなかった児童とも接してみたい。

まだまだ不慣れで初めてのことばかりであったが、

その分成長もできると思うので明日からも精一杯がんばっていこうと思う。

――――――――――――――――――――――――――

いや〜〜恥ずかしい。。。こんなの参考にならないなぁ〜〜。
でも、初初しさは伝わったと思います☆いや〜〜懐かしいです。

今、打ってて恥ずかしくなりました。一生懸命手書きで書いたから、もっとたくさん書いたかと思った。パソコンって楽だぁ〜。

授業は三日目からやることになってしまいました。みんなそんなものかなぁ?
なので、一日目から教材の準備ですよ。
まだ体が慣れてないので大変でした。
でも、大変だった事って、あとから振り返ると輝いています。




2日目の日誌。ちょっと慣れてきた!?

今日は二日目ということで児童の名前をも全員覚えることができました。

5−1のみんなも私の名前を覚えてくれました。
5年生のみんなは礼儀が正しくて、度を超えたいたずらはしません。素晴らしいクラスです。

今日はクラス全員と話すことを目標にがんばりました。

5−1のみんなは優しくて、話しかけると笑顔で話してくれます。
こうかわいいと怒ることができなくなりそうです。

しかし、明日からは授業をやらせていただくので、
しっかりと怒ることも頭に入れてがんばりたいと思います。

明日は初授業です。
不安なことはたくさんありますが、悔いの無いよう精一杯がんばりたいと思います。


――――――――――――――――――――――――――

実習日誌って書くの苦手でしたね〜〜。
どうしても日記っぽくなってしまいました。
僕の文章はかわいいですもんね。

こんな文章を書いてたら二回目の実習のとは注意を受けました。

僕は実習日誌なんてがんばらなくてもいいと思っていたんで、苦労しました。
日誌を書く時間があるなら、指導案や教材作りに時間を使いたいですよ。

でも、書かなきゃいけないもんは書かなきゃいけないので、気軽に書いていきましょう。
言葉使いは要注意ですね。




3日目の日誌、初めての授業。


初めて授業をやった日の日誌。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜2003年5月21日 実習三日目の日誌より〜

初めて授業をさせて頂きました。

緊張してしまい頭が真っ白になってしまいました。

授業は失敗だらけで悔やまれることが多いです。

しかしこの早い時期に授業を出来てよかったと思います。



5−1のみんなは積極的に挙手をしてくれて助かりました。

やはり、いい授業を作り上げるには児童との関係を
しっかりと築き上げておく事が大事なのだと実感しました。


また、今日は児童を怒るということにも挑戦しました。
運動会の練習中に先生の話を聞かない児童を注意しました。

思ったよりも僕の言うことを聞いてくれました。

そして、児童に近づけたような気がしました。3日目ということで体も徐々に慣れてきました。明日からも初心を忘れずにがんばっていきたいと思います。


――――――――――――――――――――――――――

授業緊張だったなぁ。
でも、緊張する場面なんて大学生活のなかじゃあまりなかったから
貴重な体験でした。

授業はやはり子どもとの関係を作っておかないとうまくいきませんね。
関係がしっかりできてれば、手を挙げてくれるし、活気溢れる授業ができると思いますよ。




4日目の日誌、がんばれば伝わる。

今日は一時間目から授業をやりました。
まだまだ反省すべき点がたくさんあります。

明日は研究授業につながるはじめの授業なので、
昨日・今日の反省を生かして明日の授業に取り組みたいと思います。

児童に「先生の授業よかったよ。よくあんなに円い紙をよういしたね。」と
言われました。うれしかったです。

がんばれば子どもに思いは通じるのだということを実感しました。

児童を思えばいい授業ができると思いました。

児童は体育の時間は落ち着きが無くずっと走っていましたが、
やるときはやるので5
-1のみんなは勉強もスポーツもできていいクラスだなと感じました。

この学校のこのクラスで教育実習を行えることに感謝しています。

――――――――――――――――――――――――――

確かに純粋な想いってものはいくら相手が小さくても伝わるもんなんですよね☆
一生懸命さって伝わるんですよね。

そういえば子どもに授業誉められたな〜〜。うれしかったな。忘れてた。やっぱ実習日誌って読み返すといいものですね☆想いは子どもに届くのです。




5日目の日誌。研究授業につながる授業

今日は社会の授業をやりました。
研究授業につながる一時間目ということでがんばったつもりだったんですが、
がんばりすぎて、から回りしていたように思います。

授業には起承転結があり、導入・展開・まとめをしっかりとやらなければならないのに
今回は導入に時間をかけすぎて、肝心の展開の部分に時間をかけることが
できませんでした。

まだまだ時間配分がうまくできません。


でも、授業をやるのが三回目ということでだいぶ心に余裕を持つことができました。


また、今日はこの学校の単学級のよさを知る事ができました。

それは縦の関係が強いということです。昼休みに学年を関係なく遊んでいる光景が印象的でした。
来週からは講話が始まるのでしっかりと話を聞いて自分の糧にしたいです。

――――――――――――――――――――――――――

この日は焦りました。
だって導入5分って指導暗に書いたのに30分くらいやってましたから・・・

授業が盛り上がって挙手も多くて時間を忘れてました。
時間配分って最初は難しいですがそのうち慣れると思いますよ。

初めからうまくなんていかないさぁ〜〜〜。

あと僕はずっと
講話を講和って書いてました。
あなたも気をつけてください。(って間違ってないって!?)

学年の差を越えて遊ぶ子ども達はいいな〜〜って思いました☆



6日目の日誌、講話が始まった日。〜眠かったりもするのよ〜

今日から講話が始まりました。
どの先生も実習をがんばって楽しんでいい思い出を作ってくださいと言ってくれたので
少し気が楽になりました。


実習は今のところ毎日が楽しく充実しています。

今日は講話ばかりで、教室に居られなかったのですが、
給食の時教室に行ったら子ども達が迎えてくれてうれしかったです。

また先週作った魚の漢字のプリントも期待以上にやってくれました。
がんばった甲斐がありました。



しかし、最近思うのは子どもと仲良くなりすぎてケジメがついていないということです。

まだ、今はみんな私の言うことをどうにか聞いてくれますが、これがいつまで続くか不安です。
甘い顔を見せすぎないように注意が必要だと思いました。


――――――――――――――――――――――――――

この様に書いてあるけど、もっと子どもと仲良くしてもよかったかなって思います。
そんなに厳しくすることもないですよね。

この時は自分の授業中にうるさくなったらどうしようってことで、
厳しくしようと思ってたんだと思います。

でも、静かにするには楽しい授業をやればいいだけのこと。
ま〜それが難しいんだが、チャレンジする価値はあります。

講話は、慣れてきてからが眠かった。後半の方の講話が。
研究授業の準備のために寝不足だったし。

寝てしまった先生方、この場を借りてお詫びします・・・
(この場を借りてていったい見られるの!?)




7日目の日誌。子どものいたずらにどう対応するべきか???

今日はまず昼休み僕のネクタイを引っ張ったりズボンを脱がそうとする
子ども達をどうやって辞めさせるのかを考え、先生の指示通り実行に移しました。

そのような行為よりも楽しいことがあるんだということを、
子ども達に気付かせることが大切なんだと分かりました。

今日やったのは、僕が鬼になってその子ども達を逆に追い掛け回しました。
そうしたら子どもは逃げて行きました。


子ども達が毎日遊んでくれたり、ちょっかいを出してきたりします。

このような行為を怒鳴って止めることは簡単ですが、
今日の様な方法もあるんだなと勉強になりました。


また、最近は子どもが僕に慣れてきたのもあり、色んなことを言われます。
「先生になってまたこの小学校に戻ってきてね。」や
「絶対教師に向いてないよ。」とか「気持ち悪い」と言われます。

その度に色んな気持ちになり考えさせられます。

子どもの心は読めませんが、このような言葉を心に留めて
自分自身をしっかりと見つめがんばっていこうと思います。

――――――――――――――――――――――――――

子どもって平気で人を傷つける言葉を言うんですよね。
それも悪気があるんだかないんだか分からないからね。

でも、そういうことを言われて「僕はつらいんだよ。」ということは伝えるべきだと
僕は恩師に言われました。

ちゃんと言葉で説明して納得させるべきですね☆
僕もこの日以来ちゃんと言葉で伝えることを意識して実習をしました。
しっかり伝えようと思えば伝わるものでした。
それにしてもズボンを脱がされそうになったのはこまった・・・
ベルトはしっかり締めておきましょうね(笑)




8日目の日誌。想いは伝わるものなのね。

今日は子どもに一生懸命話すことの重要さを学びました。
子どもに嫌なことを言われて心が痛んでいるんだということを一生懸命伝えました。
そうしたらほとんどの子どもはしっかりと話を聞いてくれました。

実習は授業以外の時間もほんとに勉強になるんだということを実感しました。

明日からは授業参観が始まるのでしっかりと他学年の授業を見て、
先生方のいい所を盗んでいきたいです。


――――――――――――――――――――――――――

ほんとのきもちって伝わるんだなということを感じた一日でした。
嫌なことは嫌と言わないと子どものためにもよくないんだなということを学びました☆
実習中は一日一日本気でやれば成長できるなと思いました☆




9日目の日誌。授業を見ることは勉強になる。

今日は授業参観をしました。他の学年の授業を見ることは参考になりました。
授業を見ていて気付いたのは子どもは「〜しようよ。〜しましょう。」と誘うように言った方が
「〜しなさい。」と命令口調で言うのよりも、言うことを聞いてくれるということです。

あとはほめてあげると、子どもは喜ぶし、勉強にもやる気をだしてくれると思いました。

怒るよりも明るく対応した方が子どもの心に届くこともあるんだなということを授業を見学して思いました。

明日からも一日一日成長できるようにがんばっていこうと思います。
そして、子どもや他の先生の授業のいいところを探すことに力を入れて生きたい思います。

―――――――――――――――――――――――――


授業を自分で実際にやったあとに先生方の授業を見るとほんとに勉強になりますね。
先生方が神に見えます。

小学校の頃の先生はこんなにがんばってたのか〜〜、
すごい人だったんだなぁって心の底から思いました。
今頃になって尊敬しました。
(先生のすごさに気付くのが遅くてごめんなさい。)

といいうわけなので、やっぱ授業をとりあえずやらせてもらえたのはいいことだったなと今になって思います。僕は三日目からでしたからね。
早すぎると思いましたが今になってみると「よかったんだなぁ〜〜。」って思えますね☆




10日目の日誌。早いもので残り半分!!

早いもので教育実習の半分が終わってしまいました。

授業をやらせていただいたり、
教材研究は大変だけど予想していたよりも楽しい2週間でした。

最近は担当の学年の子ども以外とも関わることが増えてきました。
まだまだうまく付き合えない子どももたくさん居ます。
残り半分、初心を忘れずにがんばりたいです。

今日は一年生の授業をみることができました。
やはり一年生ということで落ち着いてない子どもがたくさん居ました。

ほめてあげるとやる気を出してくれたのが印象的でした。
やはり、悪いところを見つけるのは簡単だけど、
いいところを探すのは難しいということを改めて実感しました。

また、運動会の練習では組み体操の出来が今までで一番良かったです。
ちょっと前まではほとんどできなかったのに、今日は素晴らしい出来でした。
本番も今日の様に成功することを願います。

―――――――――――――――――――――――――


「体育のよいところは成果がすぐにでるところ。
がんばればがんばっただけ充実感を実感できる。」
というのが担当の先生の教えです。

確かにその通りで、あっというまに組み体操をできるようになっていて感動しました。
成長がはやい!!すばらしかった☆

半分終わるのはほんと早かったです。
行く前はほんと憂鬱だったんですけど、楽しかったです♪




後半戦の実習日誌も読んでみる!!






>>HOME  【このページの一番上へ】


Copyright (c) 2005 tommy ,Inc. All rights reserved.